不動産売却 査定

不動産売却で、自分の不動産がどのくらいの値が付くのかは気になるところです。その売却金額を知る方法が、売却査定です。査定の仕方は業者によって異なるため、複数の業者に査定を依頼し、価格を比較した方がよいでしょう。
少しでも高く不動産を売却したい場合は、一番高く査定した業者と媒介契約を結んで物件を売却します。

しかし、不動産売却では査定について注意が必要です。最近は複数の業者から無料で査定を受けることができるサイトなどがありますが、機械的に算出された査定は、適性とはいえない査定金額になる場合があるためです。
不動産売却の査定では、近隣の物件の相場、公示価格・路線価、立地条件、物件の条件といった点がポイントになります。

そのため近隣に売却物件がある場合は確認してみましょう。その金額を確認しておけば、その金額を基準にして、査定額が異常に高い、安いといった判断がしやすくなります。
また公示価格は国土交通省地価公示・都道府県地価調査のサイトから、路線価は財産評価基準書路線価図・評価倍率表にて確認することができます。公示価格・路線価は近隣に売買物件がない場合に参考になる価格です。

不動産売却の価格は立地条件、物件の条件によっても大きく価格が変わります。物件の査定には簡易査定と実査定があり、インターネット上で物件の条件を入力して簡単に求められる簡易査定では、立地条件、物件の条件がきちんと考慮されていない価格が出される場合があります。
それに対して実査定は、営業マンが実際に物件を訪れて査定を行います。そのため物件の査定では簡易査定と実査定の両方を確認して判断した方がよいでしょう。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|