不動産売却 注意点

不動産売却では少しでも高く不動産を売却したいため、高い見積もりを出した不動産会社を選んだものの顧客をつけてくれなかったり、思ったよりも低く売却することになってしまったり、様々なトラブルがあります。不動産売却を考えた場合は、注意点をしっかり押さえておきましょう。

不動産売却は個人でも行うことができますが、買主を見つける手間などを考えて不動産会社を利用するケースが大半です。そして不動産を少しでも高く売却したいため、高い見積もり査定を行った不動産会社を選びんでしまいがちです。

しかし、査定の仕方は業者によって異なるため、複数の業者に査定を依頼して比べるようにしましょう。近隣に売買物件がある場合はその金額を参考にすることができますし、国土交通省地価公示・都道府県地価調査のサイトから公示価格を、財産評価基準書路線価図・評価倍率表にて路線価を確認することができます。
それらに金額を比較、検討した上で不動産会社を選ぶようにしましょう。

不動産売却ではまとまったお金を手に入れることができますが、相続や税金の計算をしっかりしておかないと、結果的に収益があがらない場合があります。

特に大きな不動産取引では納めなくてはならない税金も大きくなるため、収益の計算は税金のこともしっかり加味して考えましょう。売買契約を結ぶとき注意点は、契約書の内容をしっかり確認することです。物件に欠陥があった場合、すべて売主の責任になってしまう場合もあります。契約書については不動産業者に作成を依頼したり、行政書士に確認を依頼するなど、トラブルにあわないためには内容を精査することが大事です。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|